NFTMAPでやりたいこと

◆NFT MAPは以下のような情報サイトです

NFTの情報を分かりやすく整理・解説したサイトを作ります。日本のNFT事情を俯瞰できて、ユーザの理解度や興味に沿って深掘りしていけるような構造にしたいです。まずはガイド記事やサイトの紹介リンクから始めますが、積極的に独自記事を増やしていきます。NFTへの認知・理解を拡げて、日本のNFTユーザ(クリエイター/コレクター/事業者)増加へ貢献します。
「日本で一番、親切で新鮮な情報が集まっている」
「NFT情報の整理箱みたいなサイト」
という認知を得たいです。

◆ドメインはnft-map.jpになります
NFT-****というサイトはたくさんあるのですが、-MAPを選んだ理由は・・
NFTは「未踏の地を目指して道なき道を暗中模索する状況であり、業界はいわば地図のない状態に直面しています」と言われているところからです。こちらの記事を読んでサイト名を決定しました。僭越ながら、NFTMAPがその地図の役割を担えたら・・との思いからです。

将来的にDAO的な組織を作って活動したいです
私はNFT情報サイトを作るにあたって、多くのサイトやコミュニティで勉強させていただきました。なかでも、DAO化を目指して活動されているDiscordを見て、驚くとともに感動しました。メンバーの皆さんが自主的に動き、協調しあっている姿(ホントに気持ちのいい関係)はまさにWeb3の時代を実感させられるものでした。NFTMAPは「今スグにDAO化する」とは言えません。私自身、もっとDAOについて勉強し、できれば既に活動されているDAOで何か貢献しながら学んでいきたいと思っています。

◆リワードをJPYCでお送りします
将来的に、このNFTMAPが収益を生む可能性は十分にあると思っていますが、いま時点で収益モデルやボリュームのお約束をすることができません。そこで、今から半年間は貢献してくださった方にJPYCをお送り致します。できれば、早い段階でコミュニティトークンも発行し、JPYCと並行してお送りしたいと思っております。

◆いま、進めていること
初心者向けのガイド記事を準備しています。
Web2.0的で恐縮ですが、検索で見つけられやすい工夫や施策をしています。
NFTが大衆化するころには、いろんな関連キーワードで露出できると確信しております。

◆これから進めること
ガイド記事の「密度」を高めるべく、用語集を作ります。(どこよりもたくさん!)
文中の単語にマウスオーバーで吹き出し表示し、さらに詳しい情報へもリンクします。
また、同時にリンク集も作ります。これは、今はなきディレクトリ型にしようと思っています。
用語集、リンク集がある程度埋まってきた段階で、Q&Aを作ります。
ユーザの「分からない」「知りたい」をとことん集めて、お答えしていきたいと思います。
この「用語集」「リンク集」「Q&A」は私一人で作ることはできません。NFTやWeb3に対する知見も時間も不足しています。
そこで、主体的にお手伝いくださる方を募集いたします。

カテゴリ

ページ上部へ戻る