ブロックチェーンとは?わかりやすく特徴や種類を解説

ブロックチェーンとは分散型台帳技術

ブロックチェーンというのは「分散型の台帳」です。
分散型台帳技術、自律分散システム、分散型ネットワークとも呼ばれます。
簡単にいうと仮想通貨の取引記録を管理する技術です。
最近よく話題になっているNFT(ノンファンジブルトークン)もブロックチェーンを使用して発行されています。
この記事ではブロックチェーンの特徴や種類についてわかりやすく解説しています。

ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーンの特徴と3つのポイント

ブロックチェーンは、インターネット上だけで個人間によるお金の売買を可能にする仕組みです。
この取引の記録は公開情報として誰にでも確認できます。
このことから取引の透明性が高いことが特長です。
また既存の技術と比較しても多くのメリットがあり、以下のような特徴をもっています。

  • 管理者が不要
  • 不正や改ざんが非常に困難
  • システムが止まらない

なぜこのようなことが可能になるのか、順番に確認していきましょう。

ブロックチェーンは管理者が不要

お金の取引をするところに管理者がいないというのは、普通に考えたら良くないと思う方が多いと思います。
従来のシステムではATMやQR決済などを使用すると、取引記録は銀行やサービスを提供している企業などに全て管理されていました。
これがブロックチェーンの場合だと、管理者がいない代わりに不特定多数のコンピュータによって分散して取引記録を管理します。
この不特定多数のコンピュータのことをノードというのですが、このノードがブロックチェーンを共同管理しながらシステムを稼働させています。
これをP2Pネットワークといいます。
この仕組みによって安全に取引が行えるようになったことで、特定の企業や政府の技術に依存せず個人間で取引を完結できるようになりました。

ブロックチェーンは不正や改ざんが非常に困難

なぜ不正や改ざんが困難かというと、ブロックチェーンによって取引記録の履歴が全て残るからです。
ブロックチェーンはノードと呼ばれる不特定多数のコンピュータによって分散して管理されています。
今までは銀行や企業が管理している取引記録を1度書き換えられるだけで、不正や改ざんが可能でした。(もちろん簡単なことではありません。)
しかしブロックチェーンは連鎖するデータ構造となっており、あるコンピュータが作る新しいブロックには、過去のブロックの要素も含めて構築します。
このときハッシュ関数という暗号化技術が使われ、取引記録と一緒にハッシュ値といわれるデータを情報に含みます。
不正や改ざんを行おうとすると、このハッシュ値も書き換えなければなりません。
しかしそうするためには膨大な計算をやり直さなければならず、不正や改ざんは理論上ほぼ不可能といわれています。
こういった性質から、ブロックチェーンに記録されたデータというのは、サービス提供者にも書き換えることができません。
そのため、既存の技術に比べてブロックチェーンは信頼性が高いといわれているのです。

ハッキングが起こるのはなぜ?

このハッキングですが、ほとんどの場合ブロックチェーンに書き込まれた情報が書き換えられているのではありません。
実際には仮想通貨を保管するデジタルの財布である、ウォレットがハッキングされています。
ハッカーがなんらかの方法によってウォレットのパスワードを手に入れ、そこから仮想通貨を盗まれるということに繋がります。
秘密鍵やシードフレーズと呼ばれるパスワードは厳重に保管しておきましょう。
ウォレットに多額の仮想通貨を預けている人は特に注意が必要です。
ウォレットの中には仮想通貨だけではなくNFTの管理まで可能なウォレットもありますが、その場合はNFTまで盗まれてしまいます。

ブロックチェーンはシステムが止まらない

ゼロダウンタイムといい、ブロックチェーンで稼働するシステムは24時間365日いつでも取引が可能です。
例えばビットコインは2009年に運用が始まって以来ネットワークは1度も停止したことがありません。
普段の生活の中でサイトやアプリがトラブルで急に見れなくなったり、いきなり使えなくなった経験はありませんか?
これはネットワークの管理者に問題が発生した際に、システム全体が影響を受けてストップしてしまうためです。
従来のシステムでは、アクセスの瞬間的な増加により負荷が大きくかかると、サーバーがダウンしていました。
既存の中央管理されているシステムでは、こういったことが起こるため、ほとんどの人が1度は経験しているのではないでしょうか。
この脆弱性はSPOF(single point of failure)と呼ばれ、日本語では単一障害点や単一故障点、シングルポイント障害などと呼ばれています。
しかしブロックチェーンであれば世界各地のコンピュータによってネットワークが構成されているため、データベースやサーバーを必要としません。
その結果サーバーダウンが起こることはなく、システムやネットワークが停止することもなくなりました。

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンの種類と長所短所

このブロックチェーンですが、大きく分けると以下の3種類になります。

■パブリックチェーン
不特定多数が参加することで透明性の高い取引が実現できるチェーン
■プライベートチェーン
低コストでスピード性のある運用が可能なチェーン
■コンソーシアムチェーン
両者の特徴を併せ持つチェーン

ひとつずつ順番に確認していきましょう。

パブリックチェーンとは

一般的にブロックチェーンというと、ほとんどがこのパブリックチェーンのことになります。
誰でも自由にネットワークへ参加できることから、公共性や真正性が担保でき、データや取引の透明性に優れたチェーンです。
反面、データの処理速度が遅いというデメリットがあります。
これはネットワーク参加者全員の合意を得なければならないことから、何事においても意思決定に時間がかかってしまうためです。
また、マイニング(採掘)といって、情報に問題がないか不特定多数のコンピュータが確認して承認を行っています。
この作業者のことをマイナー(採掘者)と呼ぶのですが、運用するにはマイナーに対して支払うインセンティブ(報酬)も必要です。
ちなみにビットコインやイーサリアムなどはパブリックチェーンになります。

プライベートチェーンとは

中央管理者が存在しており、ネットワークの参加には管理者の承認が必要となるブロックチェーンです。
後述するコンソーシアムチェーンと共にパーミッションド(許可型)ブロックチェーンとも呼ばれます。
これは主に組織単位で活用されるブロックチェーンで、世界中の不特定多数のコンピュータではなく、組織内のコンピュータのみで稼働しています。
関係者だけで取引を記録しておけばいいので、外部の協力を必要としません。
そのうえ意思決定する中央管理者がいるためデータの処理速度が早いことも特長です。
秘匿性の高い情報を扱えることもメリットといえるでしょう。
その代わり通常のブロックチェーンよりネットワーク参加者が少ないことから、システムのダウンなどが起こりやすいという点には注意が必要です。
反面、マイナー(採掘者)に対して支払うインセンティブ(報酬)が不要なので、コストパフォーマンスに優れます。

コンソーシアムチェーン

複数の管理者、複数の組織間で、同じブロックチェーンを使うのがコンソーシアムチェーンです。
そのため、パブリックチェーンとプライベートチェーンの中間のブロックチェーンといわれています。
明確にプライベートチェーンとの違いは定められていませんが、管理者が複数いるという点が大きな違いです。
コンソーシアムは組合や協会といった意味になります。
そのため企業間で協力しながら事業を進めるために利用されることが多いようです。
特徴としては、パブリックチェーンのような不正や改ざんに対する耐性を持ち、プライベートチェーンのように迅速な処理速度を兼ね備えています。

ブロックチェーンについてまとめ

ブロックチェーンについてまとめ

ブロックチェーンは安全にデータを管理できる技術です。
今後は様々な分野での活用が期待されています。
当サイトでメインに紹介させて頂いているNFTとも密接に関係しており、これからに注目の技術です。

ブロックチェーンについてはまだまだ説明しきれていませんが、基礎の部分はここまでの内容で把握できたのではないでしょうか。
当サイトNFTMAPでは、YouTubeの動画でNFTに関する情報を配信しています。
ブロックチェーンについても紹介させて頂いていますので、興味のある方もない方も、騙されたと思って是非一度ご覧ください。

■ブロックチェーンについて映像で学びたい方には動画がおすすめ

【ブロックチェーンとは?】どんな技術なのか簡単解説【NFTMAP】

■出演
荒木 啓介
天の声(音声のみ)

▼プロフィール
荒木 啓介(Keisuke Araki)
東京生まれ埼玉育ち。97年からインターネット業界に参入。
クリプトには2017年、NFTは2021年3月から。
現在はNFT-MAPなど複数プロデュース。
2022年4月22日からプロデューサー兼YouTuberとして配信も開始。

■公式Twitter
@Araki_NFTMAP

■公式YouTube
NFT MAP

関連記事

カテゴリ

ページ上部へ戻る