NFTとは?超簡潔に基礎知識を紹介|NFT-MAP

デジタル資産の証明書

NFTを一言で説明するなら「デジタル資産の証明書」ということになるでしょう。
実際に「NFT」と検索すると「ノンファンジブルトークンの略で非代替性トークンという意味です。」と、このように解説されることがほとんどですが、これではよくわからない人の方が多いのではないでしょうか?
このページでは専門用語をなるべく使わず、NFTについてほとんど知らない人でもわかるように解説しています。

NFTの特徴

制作者や保有者がわかる

冒頭でも少し触れましたが、NFTを一言で説明するとしたら「デジタル資産の証明書」です。
話題になっているデジタルアートを例に、簡単にNFTの持つ性質を説明します。

  • オリジナルがわかる
  • 誰が制作者かわかる
  • 正式な保有者がわかる

これらを証明できる仕組みと技術がNFTです。
どれだけインターネット上で拡散コピーされても、どれが本物かを指し示すことができることから、NFTは非代替性であるといわれます。

NFTに出来ること

本物と偽物を見分けられる

どのようなデジタルアートでも、本物か偽物かをNFTによって判別することが可能です。
わかりやすく現実世界に例えると、絵画などにおける鑑定書の役割を果たします。
もちろん何億というお金が動いているのも注目の理由といえるでしょう。
順を追って説明すると、NFTではないデジタルアートは未だに簡単にコピーされて拡散し、所有者も制作者も不明なものばかりです。
しかしNFTとしてデジタルアートを出品すると、作品の制作者、購入した人、それらの履歴が最初から最後まで全て残ります。
そしてその履歴はブロックチェーンという技術によって守られるため、ハッキングによる不正や改ざんができません。
要するに、NFTにすることで本物であると証明できるうえに不正や改ざんが防げるのです。
そのため、NFT化されたものはオリジナルということが保証され、世の中にたったひとつしか存在しないことになり、希少性があるということになります。
そういったことから、デジタルアートが本物の絵画と同じように高額で取引されるようになりました。

NFTの活用方法

あらゆるものをNFT化できる

結論からいうと、恐らくこの世のほとんど全てをNFT化することが可能です。
非常に多岐にわたりますが、実際の例を挙げると以下のようになります。

  • デジタルアート
  • ゲーム
  • 動画
  • トレーディングカード
  • チケット
  • 会員権
  • 音楽
  • ファッション
  • スポーツ
  • 漫画

変わり種でいうと、以下のようなものもNFTとして活用された実例です。

  • Twitterのツイート
  • デジタルの土地
  • 担保ローン
  • ウィスキー

これらは既にNFT化され成功を収めています。
NFTは、アイデア次第で一気に先行者を出し抜くことも可能な仕組みです。

NFTの応用

悪質な転売を防げる

身近なところではライブなどのチケットのNFT化で、悪質な転売問題が解決できると期待されています。
NFTにすることで全ての履歴が残るようになるため、高額でライブチケットなどを転売している業者はすぐにバレます。
NFTは購入する際にウォレットという仮想通貨を管理するツールを使用しますが、その履歴から悪質な転売を見つけ、ウォレットのアドレスを特定して業者を排除できるようになるからです。
NFTが実装されれば、今まで後手に回らざるをえなかった主催者や運営者が、履歴を証拠に積極的に対応していけるようになるでしょう。

NFTにするメリットは他にもあり、正規の転売はもっとスムーズになると考えられています。
仮に航空券など、公共交通機関の切符のようなものがNFT化されれば、煩雑な手間をかけずにスマホひとつでキャンセル待ちと購入まで可能です。
将来的にはいつのまにか知らないうちにNFTを使っていた、なんてことがあるかもしれませんね。

NFTで収益を得る方法

転売・出品・投資

NFTで収益を得る方法は主に3つあります。

  • NFTの転売で儲ける
  • NFT作品を出品して売却する
  • NFT関連の仮想通貨を購入する

いずれの方法でも「億り人」と呼ばれるほどお金を稼いだ人達がいます。
それぞれちょっとしたコツも合わせて紹介しているので、順番に確認していきましょう。

NFTの転売で儲ける

人気クリエイターから最初に買う

安く買って高く売ることで差益を得る方法です。
転売で利益を出すための有効な方法をひとつ挙げるなら「人気クリエイターのNFT作品を最初に買う」ことです。
ここでいう最初というのは、クリエイターがNFT作品を発売する初日をさします。
基本的にNFT作品は発表されて時間が経てば、徐々に価値が上がり有名になっていくという傾向があります。
例えば500個限定で発売されたNFT作品に対し、欲しい人が10000人いたとしましょう。
そうなると10000人の中で限定の500個を買えなかった残りの9500人は、NFT作品が値上がっていても限定500個のNFT作品を購入しようと動くのです。
こういった状況になるとNFT作品の転売が繰り返され、そのNFT作品はどんどん値段が上がっていきます。
要するに最初に買っておけば転売による利益を狙いやすく、せっかく買ったのに売れ残るというリスクもほとんどありません。
そのためNFTの転売で儲けようと考えている人は、人気のあるクリエイターのNFT作品を最初に買うということから始めてみてはどうでしょうか。

NFT作品を出品して売却する

制作活動を継続すること

結論からいうと「クリエイターとして信用を積む」ことが最も大切なことといえます。
創作活動を途中でやめてしまうと、そのクリエイターのNFT作品というのは価値が成長していきません。
例えばせっかくデビューしたアイドルグループが、しばらく活動した後に解散や卒業すると、そのアイドルグループはそれ以上の新しいファンを獲得できませんよね。
そうなると既存のファンしかグッズを欲しいと思わないため、それがどれだけ希少な限定品であっても、なかなか転売されていくということはありません。
同じように、クリエイターとして出品したNFT作品に価値を付けるためには、まず活動を継続して信用を積んでいくことが重要です。
そうすることでファンが生まれ、ファンが増えることでコレクターが目を付けます。
まずは自分のNFT作品が転売されるようになっていくことを、第一の目標に設定してみましょう。
そのためには途中でやめてしまわず、ゆっくりでも構わないので活動を続けていくということが重要です。

NFT関連の仮想通貨を購入する

分散購入・中長期的保有

一例を挙げると下記のような方法があります。

  • 分散して購入
  • 中長期的に保有

NFTやメタバース関連の銘柄は、特にニュースに左右されやすい市場です。
保有している銘柄のチャートの上がり下がりに反応して、一気に買ったり売り逃げするのは、あまりおすすめしません。
仮想通貨であれば、その銘柄の特徴やサービス内容を理解し、将来性が見込めると感じたら投資しましょう。
ユーザー数やサービスの独自性、時価総額などを調べ、最後には実際に利用し体験してみて判断するのがベストです。
海外の投資家による価格予想を参考にするなど、幅広い視野を持って臨んでみるのも良いかもしれません。

ウォレットとは?

デジタルの金庫

簡単にいうとウォレットというのは「デジタルの金庫」です。
金庫というと色んな意味で重たく感じますが、デジタルなので重量も無いし場所も取りません。
仮想通貨を管理するのに必要で、仮想通貨を送ったり受け取ることができる便利なツールです。
リアルの世界で例えるなら銀行口座のようなもので、NFTを購入するときもこのウォレットを使用して売買します。
大きく分けるとホットウォレットとコールドウォレットのどちらかに分類され、それぞれ以下のような特徴があります。

ホットウォレット コールドウォレット
送金や決済の早さ ×
利便性
セキュリティ
高額な暗号資産の保管 ×

簡潔に違いを説明すると、インターネットに接続しているのがホットウォレット、接続していないのがコールドウォレットです。
またホットウォレットとコールドウォレットの中にも種類があり、それぞれ特徴があります。

ホットウォレット
■ウェブウォレット(オンラインウォレット)
取引所と事業者が提供しているウォレット
サイトにアクセスしてIDやパスワードでログインして使用
■デスクトップウォレット
使いやすさと安全性のバランスが良い
パソコンにインストールするかプラグインで検索エンジンの拡張機能として使用
■モバイルウォレット
スマホのアプリ
グーグルストアやアップストアからインストールして使用
コールドウォレット
■ハードウェアウォレット
USBメモリなど物理的なデバイスに秘密鍵を保存することでウェブから遮断
専用アプリをインストールすることで別のパソコンでも使用可能
■ペーパーウォレット
紙に各データを印刷して保存するため完全にウェブ上から遮断できる
言い方を変えると情報を印刷した紙でしかないため厳密にはウォレットというかメモ

よく使うのなら手軽に送金や決済ができるホットウォレットがおすすめです。
高額の暗号資産を補完する場合や長期間の保有なら、ハッキングやウィルス感染を避けやすいコールドウォレットがおすすめになります。
どれを選べば良いのかわからないという方は、続いておすすめのウォレットを紹介しているので見ていきましょう。

メタマスクがおすすめ

使い勝手の良さと優遇された環境

ウォレット選びで迷っているなら、メタマスクをおすすめします。
メタマスクは、仮想通貨の管理だけではなくNFTの管理もできるため非常に便利です。
さらにデスクトップウォレットとモバイルウォレットの両方に対応しているので、同期すればパソコンとスマホのどちらからでも使えます。
NFTを取り扱うマーケットプレイスもメタマスクを推奨しているところが多く、メタマスクでないと利用できないというマーケットプレイスもあるほどです。
使い勝手の良さや優遇されている環境から考えても、最も優れたウォレットといえるでしょう。
メタマスクの設定と使い方
メタマスク公式サイト(※外部サイトへのリンクです)

マーケットプレイスとは?

NFTを売買する電子市場

簡単に説明すると「NFTの売買や出品ができる」サイトのことです。
自由に作品を出して売買できるマーケットプレイスもあれば、招待制であったり審査をクリアしなければ利用できないようなマーケットプレイスもあります。
取り扱っているNFTも、音楽やファッションに特化しているところもあれば、メタバースやゲームのアイテムに特化していたりと、マーケットプレイスごとに得意ジャンルも様々です。
初めての方やまだ慣れていない方は、出品や売買が自由にできるマーケットプレイスからまずは始めてみてください。
どうやって選べばいいかわからないという方は、次項でおすすめのマーケットプレイスについて紹介しているので見ていきましょう。

オープンシーがおすすめ

豊富なジャンル・手数料は最安値

マーケットプレイス選びに悩んでいるなら、オープンシーというマーケットプレイスがおすすめです。

  • 面倒な審査やユーザー登録がない
  • 売買にかかる手数料が2.5%と安い
  • 操作画面が使いやすい
  • 取り扱っているNFTの種類や数が多い

こういった特徴から初心者でもとっつきやすく、その証拠に世界最大のNFTマーケットプレイスでもあります。
どこを選ぶか迷っているのなら、まずはオープンシーで始めてみてください。
そのあとに、自分の好きなジャンルに特化したマーケットプレイスを探してみてはいかがでしょうか。
オープンシーでNFTを買う手順
オープンシーでNFTを売る手順
オープンシー公式サイト(※外部サイトへのリンクです)

NFTについて基礎知識のまとめ

重要ポイントを復習

NFTの基礎について、下記のまとめポイントで復習しておきましょう。

  • NFTとはデジタル資産の証明書である
  • リアルの世界で活用され始めている
  • 転売で稼ぎたいなら最初に買おう
  • クリエイターは継続して活動しよう
  • NFT関連の仮想通貨は分散して購入し中長期的に保有しよう
  • ウォレット選びに迷ったらメタマスク
  • マーケットプレイス選びに迷ったらオープンシー

NFTについてはまだまだ説明しきれていませんが、基礎の部分はここまでの内容で把握できたのではないでしょうか。
当サイトNFTMAPでは、YouTubeの動画でもNFT情報を配信しています。
興味のある方もない方も、騙されたと思って是非一度ご覧ください。

■NFTについて映像で学びたい方には以下の動画がおすすめ

【NFTをわかりやすく】初心者向け総集編!

■出演
荒木 啓介
天の声(音声のみ)

▼プロフィール
荒木 啓介(Keisuke Araki)
東京生まれ埼玉育ち。97年からインターネット業界に参入。
クリプトには2017年、NFTは2021年3月から。
現在はNFT-MAPなど複数プロデュース。
2022年4月22日からプロデューサー兼YouTuberとして配信も開始。

■公式Twitter
@Araki_NFTMAP

■公式YouTube
NFT MAP

関連記事

カテゴリ

ページ上部へ戻る