LooksRareでNFTを買う手順

LooksRareでNFTを買う手順

LookRareは、2022年の1月にスタートしたNFTマーケットプレイスでまだまだ日が浅いマーケットプレイスです。

こちらのページではそんなLooksRareでNFTを購入する手順について紹介していきます。

購入前の準備

LooksRareでNFTを購入する前に準備しておくべきものがいくつかあります。

それが、

・ウォレット

・イーサリアム

のふたつです。

これらは、それぞれに役割があり、準備していないとNFTの取引を行うことができないため、LooksRareでのNFT購入を考えた場合は、まず準備するようにしましょう。

ウォレット

ウォレットとは財布という意味ですが、実物の財布を用意するという意味ではありません。

このウォレットはイーサリアムなどを保有しておくための財布のことです。NFTの購入や販売には仮想通貨が使われるため、仮想通貨を保有しておくためのウォレットは必要不可欠なのです。

また、LooksRareへの登録にもウォレットが必須となっているため、準備しておく必要があります。

こちらのページではLooksRareで使えるウォレットの「MetaMask」を例に紹介していきます。

MetaMaskは公式サイト(https://metamask.io/)からダウンロードできます。

公式サイトにある「Download Now」と書かれた青いボタンを押すと、使用環境選択ページに遷移します。

Chrome、iOS、Androidから使用環境を選択した後、ページ下部にある「Install MetaMask for 〇○」と書かれたボタンを押すことで、各環境に対応したインストールページへ遷移するので、そこからMetaMaskをインストールします。

MetaMaskを登録する時に設定した「パスワード」や「秘密のシークレットリカバリーフレーズ」はMetaMaskの利用時や復元の際に必要になる重要なものなので、適切に管理しておく必要があります。

イーサリアム

イーサリアムはNFTを購入するための仮想通貨のひとつで、NFTを購入する場合必要になるので準備しておきましょう。イーサリアムを用意する方法にもいくつかあります。

用意したウォレットであるMetaMaskは、イーサリアムを「Wyre」や「Buy ETH with Transak」でデビットカードを使って直接購入することが可能です。そして、イーサリアムを直接購入した場合は購入したイーサリアムはそのままウォレットであるMetaMaskで保有されます。

上記以外の方法として、「bitFlyer」や「GMOコイン」、「コインチェック」といった仮想通貨取引所でイーサリアムを購入する方法があります。

ただし、外部の仮想通貨取引所でイーサリアム購入した場合、取引所からMetaMaskへ購入したイーサリアムを送金する必要があります。

送金の方法はMetaMaskのホーム画面上部にあるアカウントをコピーして、イーサリアムを購入した取引所からコピーしたアカウントへ送金することで完了します。

LooksRareにアクセス

ウォレットとイーサリアムの準備ができたら、LooksRare(https://looksrare.org/)にアクセスしてみましょう。

LooksRareでは、全ての表記が英語となっており、言語切り替えで中国語への切り替えは可能ですが、日本語への切り替えはできません。

そのため、LooksRareを日本語で利用したいという場合は、ブラウザの翻訳機能を用いたり、Googleの翻訳機能を用いる必要があります。

アカウント作成(ウォレットを接続)

LooksRareへのアクセスができたら、早速アカウントを作りましょう。

アカウントの作成は、ウォレットを接続するだけ完了します。

サイトにある緑の「Connect(接続)」ボタンを押すと、接続するウォレットを尋ねられます。

LooksRareで対応しているウォレットとして「MetaMask」の他に、「WalletConnect」や「Coinbase Wallet」があります。

ここでは、準備したMetaMaskを選択して、MetaMaskで接続するアカウントを選択して接続することで、LooksRareとウォレットの接続が完了します。

購入するNFTを探す

LooksRareへの登録が完了したら、購入するNFTを探しましょう。

NFTは「Explore(探索)」や「Collections(コレクション)」から探せます。

Explore

Explore(探索)では、Item status(販売状況)や、Price Range(価格帯)、Collection(コレクション)などでフィルタリングしながら、探すことができます。

例えば、予算が決まっているというような場合は、Price Range(価格帯)で 予算を設定して探すようにすることで効率的に探せます。

Collections

欲しいNFTのコレクションが決まっているというような場合、Collections(コレクション)から探すと効率的です。

Floor(最低額)やTotal Vol(総取引額)、24h Vol(24時間の取引額)などで並んでおり、ソートを変えて表示させることができます。

欲しいコレクションを選択すると、コレクションの詳細画面に遷移しコレクションに属しているNFTを閲覧したり、販売中のものを購入するといったことが可能です。

NFTを購入する

欲しいNFTが見つかったら、早速購入してみましょう。

NFTの購入方法には「Fixed price(即決)」と「Offer(交渉)」、「Collection Offer(コレクションの交渉)」があります。

Fixed Price(即決)

NFTを購入する方法として、最もオーソドックスな方法がFixed price(即決)での購入です。

Explore(探索)でNFTを探している時に、NFTの詳細に「For Sale(販売中)」と「Price(価格)」といった表示があるものが、即決での販売となります。

販売主が設定した価格で購入する方法で、販売されているNFTの詳細ページなどから緑の「Buy Now(今すぐ購入)」ボタンを押して手続きすれば購入することが可能です。

Offer(交渉)

Offer(交渉)は、価格交渉を行って購入する方法です。

交渉は販売中のNFTだけでなく、販売中でないNFTに対しても販売交渉を行うことが可能です。

NFTの詳細画面にある「Make Offer(交渉する)」ボタンを押すと、購入希望価格を入力する画面が表示されます。

ここの「Input price(価格の入力)」欄に、購入希望の価格を入力して「Make Offer(交渉する)」ボタンを押せば交渉ができます。

また、「Validity(期限)」を設定することで、交渉の期限を設定できます。期限が切れるまで交渉中となるため、長期で交渉する場合に役立ちます。ただし、長く設定しすぎると交渉したのを忘れてしまうといったリスクもあるため注意が必要です。

Collection Offer(コレクションの交渉)

Explore(探索)やCollections(コレクション)から、欲しいNFTのコレクションが見つかったりした場合、コレクションのNFT全てに交渉を行うことができます。

コレクションの詳細ページに移動すると「Make Collection Offer(コレクションの交渉を行う)」というボタンがあるので、そちらを押すと購入希望価格を入力する画面が表示されます。

ここの「Input price(価格の入力)」欄に、購入希望の価格を入力して「Make Offer(交渉する)」ボタンを押せば交渉ができます。

この時に入力した価格でコレクション内の全てのNFTに対して同じ額で交渉を行います。

コレクションの交渉が受け入れられると、コレクション内の他の全てのNFTに対する交渉が取り消されます。

また、「Validity(有効期間)」を設定することで、交渉の期限を設定できます。期限が切れるまで交渉中となるため、長期で交渉する場合に役立ちます。ただし、長く設定しすぎると交渉したのを忘れてしまうといったリスクもあるため注意が必要です。

所有の移転納品を確認する

LooksRareでNFTを購入した後は、所有の移転納品を確認しましょう。

購入したNFTはプロフィールページの「Owned(所有済)」タブに表示されます。

購入完了からこちらのタブに表示されるまでに、時間がかかる場合もある点には注意が必要です。

関連記事

カテゴリ

ページ上部へ戻る