OpenSeaでNFTを買う手順

NFTマーケットプレイスの「OpenSea」とは?

近年、さまざまな場所で目や耳にする機会が多くなっている「NFT」
このNFTを取引する場所というのがNFTマーケットプレイスです。
そんなNFTマーケットプレイスの中でも最大手とされているのが2017年12月にサービスを開始した「OpenSea」です。1日の最大取引高として2億6100万ドルを記録しており、数多くの取引が行われるマーケットプレイスのひとつとなっています。

OpenSeaは、知名度の高さと取引量の多さからNFT取引を行う時、最初に候補にあがるプラットフォームとなっています。

こちらのページでは、そんなOpenSeaでNFTを購入する手順について紹介します。NFTを買ってみたいけど方法が分からない……そういった方は、是非お役立てください。

OpenSeaでNFTを購入するには

では、実際にOpenSeaでNFTを購入するためにはどういった手順が必要になるのか紹介していきます。

OpenSeaでNFTを購入する手順としては
1. 登録するための下準備をする
2. OpenSeaへ登録する
3. OpenSeaでNFTを探す
4. 購入または入札する
といった形で、非常に単純です。

OpenSeaへ登録するための下準備をする

OpenSeaでNFTを購入するためにはまず、登録する必要があります。
OpenSeaへの登録には「ウォレット」が必要になります。
ウォレットとは、仮想通貨を保有するための電子的な財布であり、OpenSeaではNFTを仮想通貨で取引するため登録には仮想通貨を保有するためのウォレットが必要になります。

また、NFTを購入するためには取引に使う仮想通貨のイーサリアムも必要になります。
これは、OpenSeaでのNFT取引に使われるイーサリアムであるため用意しておくことでスムーズに取引が可能になります。

ウォレットのダウンロード

OpenSeaへ登録するために用意するウォレットはどんなものでも良いというわけではありません。
OpenSeaが対応しているOpenSeaではMetaMaskやCoinbase Wallet、WalletConnectやFortmaticなどの中から好みのウォレットを用意する必要があります。

こちらのページでは、OpenSeaが対応しているウォレットの中から「popular」表示がある「MetaMask」を準備する手順を紹介します。

MetaMaskは公式サイト(https://metamask.io/)からダウンロードできます。
公式サイトにある「Download Now」と書かれた青いボタンを押すと、使用環境選択ページに遷移します。
Chrome、iOS、Androidから使用環境を選択した後、ページ下部にある「Install MetaMask for 〇○」と書かれたボタンを押すことで、各環境に対応したインストールページへ遷移するので、そこからMetaMaskをインストールします。

MetaMaskを登録する時に設定した「パスワード」や「秘密のシークレットリカバリーフレーズ」はMetaMaskの利用時や復元の際に必要になる重要なものなので、適切に管理しておく必要があります。

NFT取引のために使うイーサリアムを購入する

ウォレットの登録が完了した後は、NFTの取引に使うイーサリアムを購入しておくとスムーズに取引が可能です。
イーサリアムの購入方法はいくつかありますが、MetaMaskから直接購入したり、「Wyre」や「Buy ETH with Transak」などからも購入することが可能です。

また、「bitFlyer」や「GMOコイン」、「コインチェック」といった仮想通貨取引所でも購入ができます。

ウォレットへイーサリアムを送金する

MetaMaskから直接イーサリアムを購入した場合、購入したイーサリアムはウォレットであるMetaMaskで保有されます。
しかし、「bitFlyer」や「GMOコイン」、「コインチェック」といった仮想通貨取引所でイーサリアムを購入した場合は、購入した取引所からMetaMaskへ購入したイーサリアムを送金する必要があります。

MetaMaskのホーム画面上部にあるアカウントをコピーして、イーサリアムを購入した取引所からコピーしたアカウントへ送金しましょう。

OpenSeaへ登録する

登録の下準備ができれば、OpenSeaの登録を進めましょう。
登録の方法は、OpenSeaのサイト上部にある「Create」や財布アイコンをクリックすることで、連携するウォレットを尋ねられます。
そこで用意した「MetaMask」を選択して、連携するアカウントを選択して接続すれば、MetaMaskとOpenSeaの連携と登録が完了します。

購入するNFTを探す

OpenSeaのトップから「Explore」ボタンをクリックすると、トレンドや人気、アートといったジャンルごとにNFTを販売しているクリエイターが表示されます。
または、「Explore」のメニューから直接、カテゴリを選択することでもクリエイターを探すことができます。

クリエイターの一覧から気になる人をクリックするとクリエイターのページに遷移して、販売しているNFTを閲覧できます。
クリエイターのページでは販売しているNFTの中から、NFTの価格やブロックチェーンの種別などでフィルターをかけて探すことも可能です。

既に、気になるクリエイターがいたりNFTがあるという場合、画面上部の検索ボックスにクリエイター名やNFT名を入力することで直接検索することができます。

購入または入札する

欲しいNFTが見つかったら購入してみましょう。
購入の方法には「固定価格での購入」と「入札」の2種類があり、NFTごとに購入方法が設定されています。
固定価格での購入はNFTを販売するクリエイターによって設定された価格でNFTを購入するのに対し、入札は希望の購入価格を提示する方法になります。
入札については販売しているクリエイターが設定した期限までに入札があった中で最も高い入札をした購入希望者が購入する方法で、オファー形式は購入希望者が提示した価格に販売しているクリエイターが納得すれば販売する方法になります。

固定価格で販売されているものはNFTの販売詳細ページにある「Buy now」ボタンをタップすれば購入することができます。
一方、入札で販売されているものに関しては「Place bid」から入札価格を設定して入札し、オークション期限が終了したタイミングで入札価格が最も高ければ購入できます。

これらの方法で購入したNFTは、OpenSeaアカウントの「Collected」内で表示され確認することができます。ただし、Collected内に反映されるまでには時間がかかる点には注意が必要です。

関連記事

カテゴリ

ページ上部へ戻る