NFTStudioでNFTを売る手順

NFTStudioでNFTを売る手順

NFTマーケットが「NFTStudio」はCryptoGames(クリプトゲームズ)株式会社が運営しています。

CryptoGames株式会社は日本最大級とされるブロックチェーンゲーム「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」を運営していることでも知られています。

こちらのページではそんなNFTStudioでNFTを販売するための方法について紹介していきます。

販売前の準備

NFTStudioでNFTを販売するためには準備が必要になります。

準備しなければならないのが、「SNSアカウント」か「ウォレット」です。

これらはNFTStudioのアカウント作成に必ず必要になるため準備しましょう。

SNSアカウント

NFTStudioで必要になるSNSアカウントは、Googleアカウント、LINEアカウント、Twitterアカウント、Discordアカウントのいずれかです。

どれかひとつで問題ないため、全てのSNSアカウントを準備する必要はありません。

既に、いずれかのアカウントを持っているという場合は、そのアカウントを利用してNFTStudioへの登録が可能です。

ウォレット

ウォレットとは、仮想通貨を保有する電子的な財布であり、NFTStudioはウォレットを接続することでもアカウントの作成が可能です。

必要になるウォレットはNFTStudioが対応しているMetaMaskです。

MetaMask以外のウォレットではアカウントの作成ができないため、ウォレットでアカウントを作成するときに別のウォレットしか持っていない場合は、MetaMaskを新たに準備する必要があります。

MetaMaskの準備は公式サイト(https://metamask.io/)から行います。

公式サイトにある「Download Now」と書かれた青いボタンを押すと、使用環境選択ページに遷移します。

Chrome、iOS、Androidから使用環境を選択した後、ページ下部にある「Install MetaMask for ○○」と書かれたボタンを押すことで、各環境に対応したインストールページへ遷移するので、そこからMetaMaskをインストールします。

MetaMaskを登録する時に設定した「パスワード」や「秘密のシークレットリカバリーフレーズ」はMetaMaskの利用時や復元の際に必要になる重要なものなので、適切に管理しておく必要があります。

NFTStudioにアクセス

NFTStudioへの登録準備ができたら、早速NFTStudio(https://nft-studio.com/ja)へアクセスしてみましょう。

NFTStudioは国内の企業が運営するNFTマーケットプレイスであり、サイト内の表記は基本的に日本語となっています。

また、言語切り替えにも対応しており、英語表記にすることも可能です。そのため、使いやすい言語を選択して利用しましょう。

アカウント作成(ウォレットを接続)

NFTStudioのサイトへアクセスしたら、まずはアカウントの作成を行います。

アカウントの作成はサイトトップにある「ログイン」から行えます。

ログインを押すと、ログインするアカウントを選択する画面に遷移します。

SNSアカウントを使う「Social Login(ソーシャルログイン)」とウォレットを使う「Wallet Login(ウォレットログイン)」から、好みの方法を選択できます。

ウォレットを準備している場合は、MetaMaskを選択して接続するアカウントを選択して、接続と署名を行うだけでアカウントの作成は完了です。

販売するNFTを用意する

NFTStudioでNFTを販売する場合、まず販売するためのNFTを用意する必要があります。

販売するNFTを用意する方法は「購入」が基本で、購入したNFTを再販売するというのが基本的な販売方法になります。

NFTStudioでは、NFTのクリエイターとしてNFTを作成して販売することも可能ですが、その場合には別途NFTのクリエイターとしての審査に受かる必要があります。

クリエイターとしてNFTを作成・販売する場合には、審査に受かるためにも相応の実績が必要になる点には注意が必要です。

NFTを購入する

クリエイターとしての登録をしていない場合の、NFT販売方法としては、購入したNFTの二次販売しかありません。

NFTStudioでのNFTの購入方法については、NFTStudioでNFTを買う手順で詳しく紹介しているので、ご覧ください。

NFTを販売する

トップメニューの「マイアイテム」から、保有するNFTを表示して販売するNFTを選択します。

そうすると、NFTの詳細画面に遷移するので「販売」ボタンを押します。

販売設定の画面があらわれるのでそこで販売価格を設定行います。

販売設定の画面には、手数料の割合や販売後に手元に入る金額も表示されているので、そちらを参考に販売額を設定しましょう。

その後、「販売」ボタンを押すと販売することができます。

NFTStudioでは、NFTの販売開始時や販売額の変更、販売のキャンセルなどを行う場合でも、手数料がかかることはありません。ただし、販売時に手数料が発生する点には注意が必要です。

関連記事

カテゴリ

ページ上部へ戻る