OpenSeaでNFTを売る手順

NFTマーケットプレイスの「OpenSea」とは?

オープンシー

近年、さまざまな場所で目や耳にする機会が多くなっている「NFT」
このNFTを取引する場所というのがNFTマーケットプレイスです。
そんなNFTマーケットプレイスの中でも最大手とされているのが2017年12月にサービスを開始した「OpenSea」です。1日の最大取引高として2億6100万ドルを記録しており、数多くの取引が行われるマーケットプレイスのひとつとなっています。
OpenSeaは、知名度の高さと取引量の多さからNFT取引を行う時、最初に候補にあがるプラットフォームとなっています。

こちらのページでは、そんなOpenSeaでNFTを販売する手順について紹介します。NFTを売ってみたいけど方法が分からない……そういった方は、是非お役立てください。

OpenSeaでNFTを販売するには

では、実際にOpenSeaでNFTを販売するためにはどういった手順が必要になるのか紹介していきます。

OpenSeaでNFTを販売する手順としては
1. 登録するための下準備をする
2. OpenSeaへ登録する
3. NFTを用意する
4. NFTを販売する
というのが基本的なものになります。

OpenSeaへ登録するための下準備をする

OpenSeaでNFTを販売するためにはまず、登録する必要があります。
OpenSeaへの登録には「ウォレット」が必要になります。
ウォレットとは、仮想通貨を保有するための電子的な財布であり、OpenSeaではNFTを仮想通貨で取引するため登録には仮想通貨を保有するためのウォレットが必要になります。

また、NFTを販売するためには仮想通貨のイーサリアムも必要になります。
これは、販売するNFTを購入して準備する場合、購入のために必要になりますし、NFTを作成して販売する場合でも販売の成立時に手数料が必要になるためです。
そのため、NFTを販売する時でもイーサリアムを用意しておくことでスムーズに取引が可能になります。

ウォレットのダウンロード

OpenSeaへ登録するために用意するウォレットはどんなものでも良いというわけではありません。
OpenSeaが対応しているOpenSeaではMetaMaskやCoinbase Wallet、WalletConnectやFortmaticなどの中から好みのウォレットを用意する必要があります。

こちらのページでは、OpenSeaが対応しているウォレットの中から「popular」表示がある「MetaMask」を準備する手順を紹介します。

MetaMaskは公式サイト(https://metamask.io/)からダウンロードできます。
公式サイトにある「Download Now」と書かれた青いボタンを押すと、使用環境選択ページに遷移します。
Chrome、iOS、Androidから使用環境を選択した後、ページ下部にある「Install MetaMask for 〇○」と書かれたボタンを押すことで、各環境に対応したインストールページへ遷移するので、そこからMetaMaskをインストールします。

MetaMaskを登録する時に設定した「パスワード」や「秘密のシークレットリカバリーフレーズ」はMetaMaskの利用時や復元の際に必要になる重要なものなので、適切に管理しておく必要があります。

NFT取引のために使うイーサリアムを購入する

ウォレットの登録が完了した後は、NFTの取引に使うイーサリアムを購入しておくとスムーズに取引が可能です。
イーサリアムの購入方法はいくつかありますが、MetaMaskから直接購入したり、「Wyre」や「Buy ETH with Transak」などからも購入することが可能です。

また、「bitFlyer」や「GMOコイン」、「コインチェック」といった仮想通貨取引所でも購入ができます。

ウォレットへイーサリアムを送金する

MetaMaskから直接イーサリアムを購入した場合、購入したイーサリアムはウォレットであるMetaMaskで保有されます。
しかし、「bitFlyer」や「GMOコイン」、「コインチェック」といった仮想通貨取引所でイーサリアムを購入した場合は、購入した取引所からMetaMaskへ購入したイーサリアムを送金する必要があります。

MetaMaskのホーム画面上部にあるアカウントをコピーして、イーサリアムを購入した取引所からコピーしたアカウントへ送金しましょう。

OpenSeaへ登録する

登録の下準備ができれば、OpenSeaの登録を進めましょう。
登録の方法は、OpenSeaのサイト上部にある「Create」や財布アイコンをクリックすることで、連携するウォレットを尋ねられます。
そこで用意した「MetaMask」を選択して、連携するアカウントを選択して接続すれば、MetaMaskとOpenSeaの連携と登録が完了します。

販売するNFTを用意する

OpenSeaでは、「購入したNFT」と「自身で作成したNFT」を販売することが可能です。
そのため、NFTを販売する場合は、まず販売するNFTを用意する必要があります。
購入したNFTを販売する場合は、NFTの購入方法のページを参考にNFTを用意してください。

自身で作成したNFTを販売する場合はOpenSeaのメニューにある「Create」を押します。
そうすると「Create New Item」のページに遷移して、画像や映像、音楽や3DモデルなどのNFTを作成できます。

NFTの名称や詳細リンク、概要やコレクションの設定、ブロックチェーンの選択などを行って、ページ最下部にある青い「Create」ボタンを押すことでNFTを作成することができます。

NFTを販売する

NFTの用意ができれば、後は販売するだけです。
購入したNFTと作成したNFTを販売する手順が変わるということはありません。

購入したNFTを販売する手順を例に挙げると
まず、OpenSeaの右上のアカウントアイコンのメニューにある「Profile」をクリックします。
Profileから保有しているNFTから販売するNFTを選択してNFTの詳細画面に移動します。
NFT詳細画面の右上にある青い「Sell」ボタンからNFTの販売設定が可能です。

sellボタン

販売設定では、販売方法や価格、期間などを設定します。

①Typeでは販売方法を設定する

Typeの項目では販売方法を設定します。
「Fixed Price」は固定価格での販売、「TimedAuction」はオークション形式での販売となります。

固定価格とオークション

②Priceでは販売価格などを設定する

Priceの項目では販売価格の設定を行います。
固定価格で販売する場合、設定した価格がそのまま販売価格となり、価格の設定が終われば設定を完了すれば販売が開始となります。

固定価格とオークション

オークション形式の場合はMethodからオークション形式を選択します。
最高入札者が落札する「Sell to highest bidder」と、入札が無かった場合に価格が下げて販売する「Sell with declining price」から選択します。

その後、Starting Priceでオークションの開始価格を設定します。
また、OpenSeaのオークションではイーサリアムではなく、ラップイーサリアムと呼ばれるイーサリアムのアイコンが赤くなったものが使われます。

Durationでオークション期間を設定する

オークション形式でNFTを販売する場合、オークション期間を設定する必要があります。
期間に関しては、1日、3日、1週間から選択することができたり、StartingとEndingからオークションの開始から終了までの期間を任意に設定することも可能です。

オークション期間

販売開始の時間や終了の時間も自身で決定することもできます。

販売期間

また、セットとしての販売、特定の相手にのみ販売といったことも選択可能です。

セット販売と特定の相手への販売を選択可能

最低落札価格を設定する

オークション形式で販売する場合、オプションの設定が可能です。
Durationの下にある「MoreOption」から「Include reserve price(最低落札価格)」の設定ができます。
設定をONにした場合、最低落札価格を設定でき、オークション終了時点で入札が最低落札価格に満たない場合、NFTは販売されないままオークションが終了します。

作成したNFTを販売する

準備OK

自身で作成したNFTを販売する方法の手順は、購入したNFTを販売する場合と違いはありません。

関連記事

カテゴリ

ページ上部へ戻る