RaribleでNFTを売る手順

RaribleでNFTを売る手順

こちらのページでは、RaribleでNFTを販売する手順について紹介していきます。

販売前の準備

RaribleでNFTを販売する前に用意すべきものがあります。

それが

・ウォレット

・イーサリアム

です。

特に、ウォレットは用意していなければ、Raribleの登録もできないため、必ず必要になるため忘れないように準備しておきましょう。

ウォレット

ウォレットとはその名の通り財布を意味するもので、NFTの取引を行うための通貨を保有しておくために必要です。

NFTの取引には仮想通貨が使われるため、ウォレットが必要になります。

こちらのページでは数あるウォレットの中から「MetaMask」を例に導入方法を紹介していきます。

MetaMaskは公式サイト(https://metamask.io/)からダウンロードできます。

公式サイトにある「Download Now」と書かれた青いボタンを押すと、使用環境選択ページに遷移します。

Chrome、iOS、Androidから使用環境を選択した後、ページ下部にある「Install MetaMask for 〇○」と書かれたボタンを押すことで、各環境に対応したインストールページへ遷移するので、そこからMetaMaskをインストールします。

MetaMaskを登録する時に設定した「パスワード」や「秘密のシークレットリカバリーフレーズ」はMetaMaskの利用時や復元の際に必要になる重要なものなので、適切に管理しておく必要があります。

イーサリアム

ウォレットを準備した後は、NFTの取引に使われるお金である仮想通貨を用意しておきましょう。

Raribleではイーサリアム、テゾス、フローという3種の仮想通貨で取引を行えますが、こちらのページではイーサリアムを例にして準備する方法を紹介します。

MetaMaskでは、イーサリアムを「Wyre」や「Buy ETH with Transak」でデビットカードを使って直接購入することが可能です。

直接購入した場合、購入したイーサリアムはそのままMetaMaskで保有されます。

上記の方法以外に、「bitFlyer」や「GMOコイン」、「コインチェック」といった仮想通貨取引所でイーサリアムを購入することも可能です。

ただし、外部の仮想通貨取引所でイーサリアム購入した場合、取引所からMetaMaskへ購入したイーサリアムを送金する必要があります。

送金の方法はMetaMaskのホーム画面上部にあるアカウントをコピーして、イーサリアムを購入した取引所からコピーしたアカウントへ送金することで完了します。

Raribleにアクセス

NFTの購入するために必要になるウォレットとイーサリアムの準備ができたら、早速Rarible(https://rarible.com/)へアクセスしてみましょう。

Raribleは海外で運営されているサイトなので、ほぼ英語表記になっています。

しかし、部分的に日本語になってはいるものの、日本語訳が十分ではなく、意味も分かりにくいため注意が必要です。

英語表記が気になる場合は、ブラウザの翻訳機能やgoogleの翻訳を活用して利用しましょう。

アカウント作成(ウォレットを接続)

Raribleへアクセスしたら、NFTの購入を行うためにアカウントの作成を行いましょう。

作成の方法は、仮想通貨を保有しているウォレットと接続するだけです。

接続の方法は、公式サイトのトップにある「Sign in(サインイン)」ボタンをおします。

そうすると、イーサリアム、テゾス、フローとそれぞれのブロックチェーンごとに対応しているウォレットが表示されます。

イーサリアムのタブを押して青い「Sign in with Metamask(MetaMaskでサインインする)」ボタンを押します。

そして、MetaMaskで接続するアカウントを選択して、接続することでアカウントの作成は完了です。

販売するNFTを用意する

Raribleへの登録が完了したら、販売するNFTを用意しましょう。

NFTを用意する方法として

・他の販売者が販売しているものを購入する

・自身でNFTを作成する

というものがあります。

他の販売者が販売しているものを購入する

NFTを販売する方法のひとつとして、NFTを購入した上で、改めて販売するという方法があります。

RaribleでNFTを購入する方法については、こちらのページで詳しく紹介していますので、参考にしてください。また、イーサリアム ブロックチェーンで発行されたNFTであれば、metamaskを接続した時点でMy Profileに反映されます。

自身でNFTを作成する

Raribleで販売するNFTを自身で作成する場合、サイトにある「作成する」ボタンからNFTの作成が可能です。

ボタンを押すとChoose Blockchain(ブロックチェーンの選択)ページに移動します。

ここで、Ethereum(イーサリアム)にある「作成する」ボタンをおします。

そうすると、シングルとマルチの選択画面に遷移します。

1種類のNFTを1品だけ作成する場合はシングル。同一のNFTを複数販売したい場合はマルチを選択します。

シングルとマルチから好みのものを選択するとNFTの作成画面に遷移します。

「Upload file(アップロードファイル)」では、NFTを作成するデータファイルをアップロードします。

「Put on marketplace(マーケットプレイスに出す)」では、マーケットプレイスに出して販売するかどうかを選択できます。

販売する場合、販売方法を

・Fixed Price(即決)

・Open for bids(交渉)

・Timed auction(オークション)

上記の3種から選択します。

Fixed Price(即決)の場合は販売価格を、Timed auction(オークション)は最低入札額やオークション期限を設定します。

「コレクションを選択」では、NFTのコレクションを選択します。

新たに作成したり、Raribleのデフォルトである「Rarible」を選択することができます。

「Free minting(無料登録)」はNFTの購入者がNFTの作成に必要になるガス代(手数料)を負担するシステムで、ここをオンにしておくことでNFT作成のガス代を抑えられます。

その後、NFTの名前や説明、そしてロイヤリティーなどを設定して「Create item(アイテム作成)」を押すとNFTの作成を行えます。

マーケットプレイスに出す設定をしている場合、NFTが作成されるとそのまま販売はスタートします。

しかし、マーケットプレイスに出さないように設定した場合でも、販売することは可能です。

NFTを販売する

購入したNFTや、作成したNFTを販売する方法は、プロフィールページで販売するNFTを選択します。

その後「売りに出す」ボタンを押すことで、即決価格を設定して販売したり、交渉を受け付けて販売する方法を選択して販売することができます。

関連記事

カテゴリ

ページ上部へ戻る