NFTとは?簡単にわかりやすく解説|NFT-MAP

【NFTをわかりやすく】初心者向け総集編!

この記事ではNFTについて、インタビュー形式で解説しています。
活用方法や収益の上げ方、必要になる周辺知識について学んでおきたい方は必見です。

皆さんgm
NFT-MAPの荒木啓介と申します。
今回はNFTについて、簡単にわかりやすく紹介させてください。
よろしくお願いいたします。

NFT-MAPの天の声です、よろしくお願いいたしします。
この記事のテーマは「NFTの基礎について」です。

そして早速ですが、NFTとは何かをわかりやすく教えてください!

NFTとは?

NFTを一言でいうと「デジタル資産の証明書」ですね。
クリエイターはこのNFTがあることによって、インターネット上のイラストや写真などが、自分の作った作品であるということを証明できるようになります。
またNFTによって、イラストや写真はもちろん、他にも音楽とか珍しい物でいうとTwitterのツイートなんかもあるんですけど、こういったものも人にコピーされようと、拡散されようと、オリジナルはこっちですよということがNFTによって証明できます。
もっと簡単に言うと、どれだけコピーされて拡散されようとオリジナルかどうかや正式に誰が保有しているかまでわかってしまう仕組みがNFTです。

なるほど、だからNFTは非代替性なんですね。
やっとNFTの意味がわかりました。
どんなものかはわかったんですけど、結局NFTってどんなことに使われてるんですか?

最近話題になってますが、身近なものでいうとデジタルアートのNFTです。

あっニュースなんかでも報道されてて、今すごい注目されてますよね?

そうですね、とくにNFTの中でも今1番注目されているといえます。
注目されている理由ですが、結論からいうと、NFTによってデジタルアートが本物であることを証明できるようになったからなんですよね。
もちろん何億っていうお金が動いてるっていうのも理由のひとつですよ。笑

やっぱり世間の興味や関心は、お金の割合が多めですもんね。笑

はい。笑
NFTじゃないデジタルアートって、今のインターネット上だと、未だにコピーし放題で所有者も曖昧なんですよ。
どこの誰が作ったものかわからないし、本物か偽物かもわからないっていうのが現状。

相変わらずの無法地帯ですよね・・・

でもNFTとしてデジタルアートを出品すると制作者や購入した人が履歴として全て残るんですね。
しかもその履歴は、ブロックチェーンという技術によって守られるので、ハッキングによる不正や改ざんができないんです。
NFTにすると本物って証明できる上にハッキングされない、そうなるとオリジナルってことが保証されるわけですよね。
オリジナルが保証されるということは、世の中にひとつしかないわけですから、希少性があるってことになります。

現実世界に例えていうと、鑑定書の役割を果たすんですよね。
そういったことから、本物の絵画と同じようにNFTが高額で取引されるようになりました。
だから今すごく注目されています。

なるほど、だからピカソやゴッホの絵みたいに、欲しい人がいるからどんどん値上がって、高額でも取引されていくってことなんですね。

そうです。

掘り出し物とか、今は無名のクリエイターなんかを発掘できるかもしれないし、夢が広がりますね。

NFTの活用方法

次は「NFTの活用方法」について荒木さんに解説して頂ければと思います。
みんな気になっていると思うんですけど、NFTってデジタルアート以外にも活用されてるんですか?

実は、NFT化が進められているコンテンツは多岐に渡ります。
結論からいうと恐らくこの世のほとんど全てがNFT化できます・・・
実際の事例となりますと、ゲーム、動画、トレーディングカード、チケット、会員権、音楽、ファッション、スポーツ、漫画
変わり種でいうと、Twitterのツイート、デジタルの土地、担保ローン、ウィスキーのNFTなどがありますね。

なんでもありじゃないですか・・・

そうですね。笑
デジタルの世界の中だけではなく、徐々にリアルの世界にもNFTの影響が出てくるであろうと私は考えています。

すごいですね。
例えば荒木さんの中で、何か伝えたい事例とかってありますか?

皆さんにとって身近なものでいうとチケットですね。

チケットですか?

はい。
例を挙げるとライブのチケットであったりとか公共交通機関の切符とか、こういったものがNFT化されることによって、ファンとしても消費者にとっても今以上に便利なツールに大きく変わります。

具体的には、どういう風に便利になっていくんですか?

まずチケットって今まで転売問題があったと思うんですよ。

ありましたね~。
一時、世間を騒がせていました。

当時は転売ヤーという言葉が生まれるほどでしたよね。
要は、普通にライブチケットが販売されると、それを一気に買い占めてしまう業者がいて高値で転売していました。
しかし本来はファンの人に見に行ってほしいものですよね?

もちろん、そうですね。

転売屋ではなくファンがライブチケットを転売するとしたら、本当は自分が行きたかったけどどうしても都合が合わなくなってしまったり、外せない急用が出来たときです。
そういったやむを得ない理由でも、ファンは「自分は行けないけどライブで空席を作りたくない」と思うわけです。

応援しているアーティストだったりアイドルのライブですから、そういった心理は働くと思います。

こういった問題って今までは運営がなかなかそこに関わってこれなかったと思うんですよ。

確かにそうですね。
取り締まるのにも限度があるというか・・・

そこでチケットをNFT化することで、誰がチケットを買ったかなど、NFT売買に使うウォレットというツールを見れば、ひと目で履歴がわかるようになります。
またひとつのウォレットからではNFT化されたチケットを大量に購入することもできない仕組みにできるんです。
そうすることで、ある程度の抑制ができます。
要するにNFTにすると、悪質な転売行為の証拠が残るんです。

あっ、確かにNFTってそういうものですもんね。

こういった情報がブロックチェーン上に全て記録されているので、ウォレットアドレスを見て悪質な転売をしていればどんどん排除していくことができます。

なるほど、悪質な転売が履歴から一発でバレてしまうわけですね。

さらに今までは転売されたチケットで得するのは高額で転売した本人だけでした。
ただNFTの特徴のひとつとしてロイヤリティというものがあるんですが、転売されるたびに大元のNFTを発行した人に、転売価格の5%や10%の金額が入るような仕組みにできるんです。

ということはNFT化されたチケットが転売されると、ロイヤリティという形でアーティストやアイドル、主催者に還元されるっていうことですか?

そうです。
ファンの気持ちとしてはアーティストやアイドルが好きだからチケットを買うと思うんですが、ライブが終わった後の半券も大事にされている人ってたくさんいらっしゃいますよね?
応援しているアーティストやアイドルのために、あえて転売のためにこの半券部分をNFT化するっていう動きもあるんです。

半券をNFT化するんですか?
確かに半券が売買されて他のファンの手に渡るたびに、ロイヤリティが発生しますね。

他にも理由があって、自分のウォレットの中にチケットの半券NFTを入れているとします。
NFTというのは誰が何を持っているのかがわかるようになっていますので、たまたま知り合った人が自分と同じ半券を持っていたとしたら・・・同じアーティストやアイドルのファンであることはもちろん、あの日あの時あの場所で同じ感動を共有したファン同士かもしれない、ということもひと目でわかるようになるんです。

なるほど。
すごいですね、これからもどんどん新しいNFTの使い方が考案されていきそうです。

公共交通機関の切符なんかも、NFT化することによってスマホひとつでキャンセル待ちと購入まで出来るようになります
こういった生活に密着した正規の転売もスムーズに行えるようになっていくでしょうね。

知らない内に身近なところで技術革新が起こってました。

NFTをうまく活用すればアイデア次第で先行者を一気に出し抜ける要素もまだまだあります。

NFTで収益を上げる方法

それでは次に「NFTで収益を上げる方法」について荒木さんに解説して頂ければと思います。
できれば私にもわかるぐらい簡単に、初めての方向けに教えてください!

NFTによって収益を上げる方法は主に3つあります。

・NFTの転売で儲ける。
・NFT作品を出品して売却する。
・NFT関連の仮想通貨を購入する。

このような方法になりますね。

転売だけかと思ってましたけど、色々あるんですね・・・
まずは転売で儲ける方法というかコツを教えて頂けますか?

NFTの転売

やり方は色々あると思うんですけどシンプルに「最初に買う事」だと思います。
最初というのは、クリエイターがNFTを売りに出す発売日の初日に買う事です。
なぜかというと、NFT作品は発表されて時間が経つにつれて価値が上がって有名になっていくものなので、例えば500個限定で発売されたものに対して欲しい人が10000人いると、買えなくて残されてしまった9500人が、作品が値上がっていても購入したいわけです。
そうやって売買が繰り返されていくとどんどん値段が上がっていくので、まずは1番最初に買っておきましょうということです。
同時に最もリスクの少ない買い方だと思います。

なるほど。
これからは新発売されたら、すぐ買います!笑

次はNFT作品を出品して売却、こちらについて詳しく教えて頂けますか?

NFT作品を出品して売却

大事なのは「クリエイターとして信用を積む」ことです。
途中で活動をやめてしまうと、ほとんどの場合コレクターが購入したNFT作品の価値が成長していきません。
クリエイターとして出品して稼いでいくことを考えているなら、ゆっくりで良いので活動を続けることでコレクターの信用を積んでいきましょう。
この人は継続する人なんだという信用があってこそ、自分の作品のファンができるのではないでしょうか。

なるほど。
例えるならアイドルグループが解散したら、既存のファンがいても新規のファンが増えていかない、というのと同じでしょうかね!

それでは次にNFT関連の銘柄というか仮想通貨を購入することについて、難しそうなんで簡単にして教えてください。笑

NFT関連の仮想通貨を購入

NFTやメタバース関連の通貨があるんですが、結論からいうと「分散して購入」した方が良いだろうなということ。
それと「中長期的に保有」した方が良いだろうなということです。
特にニュースに左右されやすい市場なので、保有している銘柄が上がったり下がったりに反応して買ったり売ったりせず、その銘柄の組織がやろうとしていることを理解して、長い目で見るべきだと思います。

収益の出し方3つは以上になります。

なるほど。
ちょっと難しかったですが、すごく勉強になりました。
NFTはこれからの可能性にも期待大ですね。

そうですね、大企業も参入してきていますし、クリエイターやコレクターもこれからどんどん増えていきますから、非常に伸びしろのある分野です。

NFTのウォレットとは?

では次にNFT売買に必要な仮想通貨のウォレットについて、荒木さんに解説して頂ければなと思います。
こちらも初めての方向けにわかりやすく教えてくださると助かります。

簡単に言うと、ウォレットというのは「デジタルの財布」です。
仮想通貨を管理するもので、仮想通貨を送ったり送ってもらったり、リアルの世界に置き換えるなら銀行口座みたいなツールですね。
NFTを購入するときも、ウォレットから代金を支払います。

なるほど。
このウォレットって、種類とかあるんですか?

大きく分けて4種類あります。

・ウェブウォレット
・デスクトップウォレット
・モバイルウォレット
・ハードウェアウォレット

順番に説明していきますね。

はい。よろしくお願いします。

まずウェブウォレットというのは、取引所が提供しているウォレットです。
サイトにアクセスしてIDやパスワードでログインして使います。

デスクトップウォレットはパソコンにインストールして使うもので、ソフトのダウンロードや、グーグルクロームやファイアフォックスなどの検索エンジンの拡張機能としてプラグインして使います。

モバイルウォレットはスマホのアプリなので、グーグルストアやアップストアからインストールすれば使えます。

ハードウェアウォレットはウォレットがUSBメモリの中に入っているタイプのもので、パソコンにさして使います。
ちなみにこのハードウェアウォレットがセキュリティ的には最も安全だと言われているものです。

結構、色々あるんですね!

あとは、ペーパーウォレットという言い方があるんですが、これは厳密にはそういったツールが存在しているわけではなく、ウォレットの情報を紙に印刷して金庫の中などに保管しておく行為のことをペーパーウォレットといいます。

先に紹介した3種類のウォレットがホットウォレット、後に紹介した2種類がコールドウォレットと分類されます。

これら2つのタイプの違いですが、手軽に送金や決済できる方が良いならホットウォレット、ハッキングやウィルス感染またはデータ破損のトラブルを避けたければコールドウォレット、といったようにザックリ判断しても良いですね。

なるほど。
スピーディなホットウォレットか、安全性の高いコールドウォレットかということですね。
ちなみに、ウェブウォレットの説明のときに出てきた取引所って、どのようなところなんですか?

取引所というのは仮想通貨をユーザー同士が売買するサイトです。
似たようなところで販売所というものもあって、こちらは事業者とユーザーが仮想通貨を売買するところですね。

勉強になります!
ウォレットそれぞれにメリットデメリットがありそうですが、うまく使い分けたいです。

そうですね。

ちなみに荒木さんのオススメのウォレットってありますか?

メタマスクというホットウォレットですね。

メタマスクって名前を聞いたことはあります。
どんなウォレットなんでしょうか?

ウォレットが持つ仮想通貨の管理機能だけではなく、メタマスクはNFTの管理もできるウォレットなんです。
メタマスクでNFTを購入すると、そのまま代金と引き換えにNFTがメタマスクに入ってきます。
しかもこのメタマスク、デスクトップウォレットとモバイルウォレットの両方に対応しているので、同期することでパソコンとスマホのどちらからでも使用できます
使い勝手の良さでは現状、最も優れた機能のウォレットです。

すごい便利そうです。
私もそうなんですが、初心者の方はとりあえずウォレットはメタマスクから始めるのが良さそうですね。

そうですね。
NFTを取り扱うマーケットプレイスもメタマスクを推奨しているところが多いですし、メタマスクじゃないとダメというマーケットプレイスもあるぐらいなので、NFTを始める際にはメタマスクを選ぶのが1番良いと思います。

NFTのマーケットプレイスとは?

では次に「NFTの売買をするマーケットプレイス」について荒木さん、できるだけ簡単に教えてくださると助かります。

このマーケットプレイスにも種類があって、オープンシーやラリブルという自由に作品を出して売買できるところもあれば、友達の招待がないと参加できないファンデーション、アーティストとしての受賞歴や出展歴、自己紹介ビデオの提出が必要となる出品するクリエイターに厳しい審査を課しているスーパーレア、このようにそれぞれマーケットプレイスにも特徴があります。

なかなか特徴が際立ってますね。

取り扱っている物も音楽に特化していたりだとか、メタバースやゲームに使うアイテムに特化していたり、他にはファッションに特化していたりなど、マーケットプレイスにはそういった得意ジャンルの違いもあります。

なるほど。
今聞いた感じだと、どれもクセが強めですね。笑
どこを使ったらいいのか決められないんですけど、なんかこうバランスの取れているというか、良い感じのNFTを始めやすいマーケットプレイスってありますか?

そうですね、最初はオープンシーというマーケットプレイスが良いかなと思います。
オープンシーには、3つの「やすい」があるんです。

面倒な審査やユーザー登録がないので始めやすい
直感的にさわれる操作画面で使いやすい
売買にかかる手数料が2.5%とやすい

といった長所があります。
また、色んなジャンルのNFTがひと通り集まっているので、自分の欲しいNFTを探して見つけやすい
こういった観点から、NFTを今から始める方には、オープンシーがオススメですね。

なるほど、NFTの売買はオープンシーで始めるのが1番良さそうですね。
(気のせいじゃなかったら、やすいが4つあったような・・・)

まずはオープンシーを体験してみて、そのあとに自分の好きなジャンルに特化したマーケットプレイスを探しに行くのがベストだと思います。

NFTについてのまとめ

今回のNFTの話しのポイントをまとめると・・・

・NFTとはデジタル資産の証明書
・リアルの世界でも活用され始めている
・収益を上げる方法は3つある
・ウォレットはメタマスクが便利
・マーケットプレイスはオープンシーが始めやすい

このような形になりますね。
荒木さん、丁寧にありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

▼プロフィール
荒木 啓介(Keisuke Araki)
東京生まれ埼玉育ち。97年からインターネット業界に参入。
クリプトには2017年、NFTは2021年3月から。
現在はNFT-MAPなど複数プロデュース。
2022年4月22日からプロデューサー兼YouTuberとして配信も開始。

■公式Twitter
@Araki_NFTMAP

■公式YouTube
NFT MAP

カテゴリ

ページ上部へ戻る