NFTコンテンツ

このカテゴリではどんなNFTコンテンツが既にあるのか、代表的な事例や特徴などを解説していきます。NFTは常に技術、運用方法が進化しています。今までの、「NFTってこういうモノ」という認識を越えるモデルが次々と現れてきています。

以下、一般的に馴染みのあるコンテンツをNFT化した事例から順にご紹介します。

アート
デジタルアイテムの所有者、来歴が明らかになることでデジタルの創作物に価値がつくようになりました。アートと一括りにしてありますが、表現や手法は多岐に渡ります。日本語訳するとアート=芸術なのですが、既成概念を取り払って楽しんでみることをオススメします。

音楽
今まで「音楽でメシを食う」ことは大変難しく、多くの才能が埋もれてきました。アーティストは音楽をNFT化することで継続的に収入を得ることができるようになります。これは、作詞、作曲、歌唱だけに限らず、楽曲づくりに携わるスタッフすべてに恩恵をもたらす変革です。今後、どのような業態変化が起きていくのか、目が離せない領域です。

チケット
あらゆるチケットがNFT化されることが想像されます。単なる効率化ではなく、不当な価格での転売を防止することにもつながります。
また、何かのサービスを利用した、イベントに参加したという履歴がNFTとして残ることにより、ユーザ同士の共感作用が働く可能性を秘めています。

トレーディングカード
日本ではSKE48のNFTトレカが2020年に始まり、ユーザがNFTというものを認識するきっかけにもなりました。かつてのブロマイドのように、コレクションする楽しみがあります。

ファッション
NIKEをはじめ世界中のハイブランドが参入しており、大きな需要が見込まれている領域です。2021年にメタバースというワードが拡がるとともに、デジタルファッションも広く認識されるようになりました。これは、仮想空間で自身のアバターに着せるアイテムのことですが、ここでも身なりを気にするほど、バーチャルにおける生活時間が延びているということが言えそうです。

ゲーム
ブロックチェーン上で展開されるゲームのアイテムをNFT化することで、プレイヤーは自由と権利を永続的に保持することができるようになりました。Play-to-earnやGameFiというワードが示す通り、ゲームは単なる遊びではなくなりました。この領域がNFTやメタバースの技術を牽引していると言っても、過言ではありません。

スポーツ
アスリートは凝縮された時間のなかで結果を残します。その感動の瞬間を永続的に記録することが、スポーツNFTの人気の理由かもしれません。トレーディングカードと共通する機能が多いものの、一括りにはできないほど、ファン層の厚みがあります。


「そもそも、NFTって何?」という方はコチラをお読みください。
 ⇒ NFTとは?をシンプルに説明
 ⇒ NFTの売買で必要なウォレット:メタマスクの使い方
 ⇒ NFTを買う方法と購入したNFTを転売する方法
 ⇒ NFTを発行(作る)方法売り出す方法



関連記事

カテゴリ

ページ上部へ戻る