NFTキャンドルアーティストのmonちゃん

 今回は「キャンドルモンスターどろりん」の作者monちゃんを取材しました。

作品の魅力(かわいい!!)はもちろんのこと、キャンドルアートというフィジカル作品とNFTというデジタル作品の両立させたスタイルに興味があり、そのあたりを深堀しちゃいます。

さて、どうなることやら(笑)

【monちゃんって何者!?の巻】

NFTMAP

monちゃん、はじめまして!ずっとお話したかったんですよ!

monちゃん

はじめまして。よろしくお願いします!

NFTMAP

monちゃんは関西の人ですよね?なんとなく決めつけてますけど(笑)

monちゃん

石川県なんですよ。え?石川って関西?

NFTMAP

うーん、どこの地方かっていうと難しいけども(←なんでやねん)、関西か関東かで分けると石川県は関西ではないでしょうね(笑)面白げな雰囲気からすっかり関西の人と思ってました。

monちゃん

石川県のなかでは早口だと思うけど、そのせいかなぁ~。

※さて、この記事を読者のあなたにお届けするにあたって、キュートなmonちゃんのイメージを共有したいのでこちらをご覧ください。

↑アルパカを操縦するもんちゃん

そして声は少年ジャンプの主人公的な声を想像してください。

『オッス!オラmonちゃん』(注:言ってません)

そして、とても楽しそうにお話をする方です。

今回、音声取材なので、残念ながらお顔はみられませんでしたが、きっと目がキラキラしてるんだろうなぁ・・・

では、続きをどうぞ。

【monちゃんキャンドルアーティストになる!の巻】

NFTMAP

monちゃんのnoteを読んだんですけど、NFTを始める前からキャンドルアーティストをやってるんですね。キャンドルアーティストになったきっかけが面白い。

monちゃん

そうなんですよ。当時お付き合いしていた子がアイデアにこだわりのある人で、売っている商品では満足できなくて。何かアイディアが出るたびにmonが改造したり、アレンジを加えたりしてたんですよね。

NFTMAP

楽しい彼女さんですね。

その人がカラーキャンドルをプレゼントしてくれて、monはその人が好きだったアカメアカガエルを作ったんですよ。

NFTMAP

アカメアカガエルってチョイスも独特(笑)。

monちゃん

面白いでしょ?(笑)。それがどうも正しい作り方じゃなかったみたいで、ショップの人が面白がってホームページやSNSで発信してくれたんです。

NFTMAP

キャンドルアーティストの始まりですね。

monちゃん

自分でアーティストとはまったく思ってなかったんですけど、グループ展なんかのイベントに誘われて、参加するたびに『キャンドルアーティスト』って紹介されて「え??monキャンドルアーティストなの??」って。自分でも気づかないうちにキャンドルアーティストになってました(笑)。

https://note.com/mon_crypto_drop/n/ncd9da8ea24a0

↑monちゃんがキャンドル作家になった話

【キャンドルアーティストで大活躍!だけど・・・の巻】

NFTMAP

キャンドルアーティストとして活躍しはじめたのはいつ頃なんですか?

monちゃん

10数年前に始めたので、結構長いことやったなぁ。ワークショップとかほぼ毎日やってて、おかげさまでめっちゃ忙しかったんですよ。

https://note.com/mon_crypto_drop/n/n43fe01c194c6

↑保育園から葬儀場(!)までワークショップで大忙しのmonちゃん

NFTMAP

すごいですね!宣伝はSNSとか使って?

monちゃん

今はNFTでTwitterとかやってますけど、当時はまったくやっていなくて。

NFTMAP

では口コミですね、熱心なファンがいたとか。

monちゃん

常連さんが多かったですね。『アンタ、何個作るねん』くらいの頻度で通ってくれる常連さんもいました(笑)。

最初は石川県の中心街にある飲食店でのワークショップからスタートしたのだけど、そこに来てくれた人が石川のファッションリーダー的な。

NFTMAP

ファッションリーダー?カリスマ店員とか?

monちゃん

石川って小さめの町なので、かっこいいアパレルの人とか美容師さんを若い人がマネするんですね。そういうかっこいい人たちが、ご飯食べたりしながらキャンドルワークショップに参加しているうちに、居心地が良いのかたまり場みたいになって、出来上がった作品をSNSであげてくれたのがきっかけで拡散していったんじゃないかなぁと、今になって想像してます。

NFTMAP

すごいなぁ!なかなかNFTの方に話が行きませんが(笑)。今でもワークショップで忙しくやってるんですか?

monちゃん

それがねぇ、ワークショップはあまりやってないんですよ。

【monちゃんは商売に向いていない!の巻】

monちゃん

いろいろなところからお声がけをしてもらって、仕事の頻度を減らしてワークショップで忙しくしてたんだけど、忙しくなればなるほどお金がへっていくんですよねぇ。

NFTMAP

え!赤字ですか?安く売りすぎたとか。

monちゃん

材料費よりは高くいただいていたので損するわけないわって思ってやってたんだけど、なぜかお金が減っていくの。おかしいなぁと思ってはいたけども、そのままやってたら30歳になって貯金がない、その日暮らしの生活!やばい!なんでやろ?と。

よく考えたらmonの人件費が入っていなかったんですよね。

NFTMAP

気づくの遅すぎ(笑)。

monちゃん

そうなんですよ。ワークショップの事前準備を一生懸命したりして時間かけてたんだけど、よく考えたらその時間タダ働き(笑)。作品を作るときも一滴づつ垂らすので、あたりまえだけど他のことをやりながらはできませんしね。

それに、一回値段が決まってそれで口コミで広がっちゃうと、あげるにあげられなくて・・・。それを見かねたショップの人が、勝手に値段をあげてくれたりはしてましたけど(笑)。

NFTMAP

周りの人があげてくれたんですね。なんとありがたい。割に合わないからワークショップはやめちゃったんですか?

monちゃん

なにより、原材料の仕入れ先が廃業しちゃったんですよね。廃業前もだんだん売れ行きが減っていっていて、最後はmon一人が仕入れてた状態だったらしいんですけど。

NFTMAP

え!ではもう材料ゼロ?

monちゃん

ウチに在庫がある分だけですね。ワークショップをしたくて大手メーカーに問い合わせたら、海外生産なので1色1000本頼まないと売ってくれない。24色だと24,000本。ちょっと無理ですよね(笑)。

※monちゃんはキャンドルの仕入れ先を探しています、お心当たりのある方はぜひ!

【monちゃんトレーダーになるっ!の巻】

NFTMAP

材料がなくなってNFTの世界に?

monちゃん

いや、そこからFXを勉強したんですよ。

NFTMAP

えー!またすごい世界にいきましたね!(笑)。何きっかけですか?

monちゃん

SNSをやってなかったmonも作品をInstagramにあげるようになっていて、そこにコメントをしてくれる人がFXに詳しい人で、その人に教わるようになりました。親切に教えてくれるのでめっちゃ勉強しました(笑)。

NFTMAP

FXでレバレッジをかけて破産する話をよく聞きますけど、よくご無事でしたね。ワークショップの感じだとお金が苦手なイメージですけど。

monちゃん

たぶん商売下手でお金にあまり執着ないのがよかったと思います(笑)。

【monちゃんついにクリプト界隈へ!の巻】

NFTMAP

その流れで暗号通貨を知ったわけですか?

monちゃん

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)もやりましたよ。

NFTMAP

わりと黎明期からやってるじゃないですか(笑)。

※Axie Infinity(アクシーインフィニティ)とは、東南アジアではやったNFTゲームの草分。ゲーム内で育てたキャラクターで暗号通貨を稼げる、自分でプレイせずに他人にキャラクターを貸し出して稼いでもらうことも可能(スカラーシップ)。

monちゃん

いろいろと教えてもらうままにやってて、monはゲームをしないのでスカラーシップで少し利益を出していました。

NFTMAP

教えてもらうままってところがmonちゃんらしいかな(笑)。で、NFTに出会うわけですね。

monちゃん

そうなんですよ!もうNFTに会った瞬間『バチッ!』となって。

NFTMAP

運命の出会い?

monちゃん

そうなんですよ!NFTってあーと?私がFXとか始めたのはこのためだったんだ!ってすべてが『バチッ!』と合いました。(バチッ!を繰り返すmonちゃんwww)

【monちゃん実は世界へ羽ばたいていた!の巻】

NFTMAP

その間はフィジカルな活動は休止してたんですか?

monちゃん

えーとね、時系列でお話しするのが難しいんだけど、グルーを使ってクラゲなんかを作ってました。

NFTMAP

グルーってホームセンターにあるグルーガンのグルー?

monちゃん

そう、キャンドルと同じでたら~って垂らすじゃないですか、グルーも。

NFTMAP

同じなのかなぁ・・・まぁ溶けますね両方とも。

monちゃん

グルーを始めたのは、キャンドル作品を海外で展示したいという話をもらった時に船便で運んだら『壊れるやん!』っていうのがきっかけです。

NFTMAP

キャンドルは壊れるの?

monちゃん

壊れやすいですね。ぶつけたりしたら壊れます。

それでグルーを使って爬虫類盆栽という作品とクラゲの作品を作って、それぞれイギリスとアメリカに展示をしてもらいました。

NFTMAP

本格的な作品!グルーではワークショップはしないんですか?

monちゃん

やってみたことはあるんですけど、なんか難しいって意見が多くて。そんなに難しいとは思わないんですけどね~。

NFTMAP

うーん。グルーっていうのがピンとこないってのもあるかもしれませんね。

monちゃん

まぁグルーって接着剤ですからね、確かにキャンドルの方がピンとくると思います。

NFTMAP

クラゲめっちゃきれい。

monちゃん

クラゲ自体も人気があるので、クラゲでなにか作りたいって言いだした彼女のアカウントでクラゲコレクションを出してました。クラゲの人っていうアカウントです(笑)。

クラゲがモチーフのモビールや、ランプシェードを作ったりしてました。

【デジタルどろりん誕生!の巻】

NFTMAP

さて、話題をNFTにもどしましょうか。なかなか波乱万丈ですね(笑)。

monちゃん

そうですね(笑)。NFTに出会ってバチッ!のところですね。

NFTMAP

はい、そこからお願いします。

monちゃん

NFTに出会って、「来た!これ!」って思ったんですよ。材料費いらないから破産しないじゃないですか。

NFTMAP

そこが大事(笑)

monちゃん

そう。他のフィジカルなアーティストがなかなかたどり着かないところにmonは運よく出会った。

NFTMAP

NFTはすんなり作れました?

monちゃん

最初はどうしたらよいかすごく迷いました。現物アートの写真をNFTにしたんですが、NFTの唯一無二っていう概念についても、目の前に実際の作品があるので、どうしても違和感があって。『唯一無二なのはこれやん!』って現物をみながら悩んでました(笑)。

NFTMAP

確かに!デジタルアートをNFTにするアーティストさんとはちがった感覚があるでしょうね。

monちゃん

そうなんです。なので最初はNFTを買ってくれたら現物アートの引換券にしまーす。ってことをやりかけたんですけど、これだとただのカタログショッピングだなと・・・。

NFTMAP

二次販売の時も困りますしね。

monちゃん

その時はそこまで考えてませんでしたね(笑)。現物があるせいで送料とかを考えて、そのせいでNFTの値段が高くなるのも違うなと。

NFTMAP

うーん、難しい・・・。

monちゃん

NFTを購入してもらったらモデルになったどろりんに火をつけて灯すっていうのも考えました。元が燃え尽きればNFTが唯一無二になるじゃないですか。

NFTMAP

あ!それはロマンがありますね!やってほしい。

monちゃん

文脈的としてアート的なのでやってほしいという意見と、かわいそうだからやめてという意見があって。コレクションをそれ用にわけるのもありかもしれませんね。

NFTMAP

かわいそうという意見もわかりますね。

monちゃん

しばらく試行錯誤してたんですけど、ちびどろりんにイイネをたくさんもらったので、ギブアウェイをやってみたんです。

NFTMAP

なるほど、まずはフォロワーさんを増やそうと?

monちゃん

イイネとリツイートしてくれたらギブアウェイとか知らなかったので、イイネをくれた人にテキトーに配ってたんですよ。当たった人がきょとんとしてました(笑)。

NFTMAP

え?応募したっけ?みたいな?

monちゃん

そう。そんな試行錯誤の末に特典としてならみんな現物が欲しいんだねと気づいて、今は卵システムでNFTを買って条件を満たすと現物がもらえますよって形になってます。

【どろりんちゃんのお友達!の巻】

NFTMAP

monちゃんどろりんちゃんのコマ撮り動画作ってますよね。あれが大好きなんですよ。

monちゃん

あれはコラボしてもらった時に作ったやつです。

NFTMAP

この現物はmonちゃんが?

monちゃん

そうです。HEM君やマッシュルルはグルーで作ってますね。フィジカルの世界のどろりんがデジタル世界のお友達を迎えに行って、フィジカルで仲良くするっていうコンセプトです。

NFTMAP

フィジカルとデジタルの世界を行き来する。どろりんならではですね!楽しい!

↑ヘム君とのコラボ

↑マッシュルルとのコラボ @mushruru_nft

【最後に!の巻】

NFTMAP

最後に今後の予定や、やりたいことなんかを教えていただけますか。

monちゃん

そうですね、材料が解決したらワークショップイベントをしたいですね。

NFTMAP

NFTMAP主催でワークショップイベントなんて企画はいかがですか?

monちゃん

ぜひ、やりましょう。

NFTMAP

monちゃん今日は楽しかったです、ありがとうございました。

monちゃん

ありがとうございました。

monちゃんの取材、楽しすぎて気が付いたら3時間くらい経ってました(体感時間は1時間)

なんというかまるで妖精のような不思議な空気感をまとっている人でした。

ふわっとしてるようで、行動力がすごい!取材は約3週間前なのですが、記事化をする前にもう新しいことをされています。

おうちでオリジナルどろりんが作れちゃうどろりんキット!

↑どろりんキット

そして、すでに売り切れ(^^;) 買いそびれたー!

monちゃんはフィジカルの作品展でも東京、名古屋、大阪へと来てくれる機会も多いよう。見逃さないように要チェックですよ。

※最後に筆者(TaTsu)がどろりんの卵を孵化させてもらった特典の写真を見せびらかして記事を終了します(^^)/。

フィジカルなどろりんがやってきた!

そして!もう一つmonちゃんよりお宝をいただきました!

地元のテレビに出演した時のテレビを録画したものです。テレビに出てもナチュラルなmonちゃん(笑)。

関連記事

カテゴリ

ページ上部へ戻る