NFTを作る(Openseaでの発行手順を解説)

NFTを作る(Openseaでの発行手順を解説)

・NFT作品を作るためのツール紹介

 (1)illustrator(iPad用)

  基本的な描画の万能ツールです。月額1000円くらいで使用可能です。Apple   Pencilがあれば実際のペンを使ったように描画ができます。

https://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html

 (2)Procreate(iPad用)

  Illustratorと似たような機能を持っています。

  価格は1020円ほどで買い切りになります。

  https://procreate.art/

 (3)Pixelable(スマホ用)

  ドット絵が作れるアプリです。

https://apps.apple.com/jp/app/pixelable-pixel-art-editor/id1185772796?l=en

・NFTの発行と販売手順

 NFTにするためのデジタルコンテンツが作成できたら、

 次にそれをNFTにして販売する手順を解説します。

 ここでは、Openseaに出品するための手順を示します。

最初の手続きは作品の登録だと思って下さい。

NFTの発行ではありません。

※複数の作品がある場合は、補足①を参照

①Openseaの画面でCreateをクリック























署名
をクリック






















③出品したい画像の添付と、その画像の基本情報の入力

④作品の基本情報を入力

・作品を紹介しているウェブページがあればURLを入力

・作品の紹介文は、しっかりとコンセプトを伝える。

・作成したコレクションを選択
























⑤よく使用されるPropertiesとLevelsの説明

Stats、Unlockable Content、Explicit&Sensitive Contentについては、初期設定のままでよいです。



















Propertiesは、下の図のようにグループの作品分けに使います。

似たような作品がある場合のグループ分けに使えます。

これを設定しておくことで、作品のフィルタリングができて、購入者が作品を選ぶときに便利です。

例えば、赤い髪でグループ分けしておくと、購入者が赤い髪のイラストが欲しい時に、検索で赤い髪の作品のみ表示されるようになるので作品を探しやすくなります。












Propertiesをクリックすると、次の画面が表示されます。














TypeとNameのところに、好きなように入力していきます。

作品が複数ある時は、Typeの項目は全作品に同じものを入力しましょう。理由はTypeの項目が作品ごとに異なると、うまくフィルタリングされません。項目を追加したい場合はAdd moreをクリックします。全て入力したらSaveを押します。

次のLevelsについては、例えばゲームのキャラクターのNFTを出品するときに、そのキャラクターのレベルや特性を表示させる際に使われます。自分の作品に関係なければ設定しなくてOKです。

⑥販売枚数と販売に使うブロックチェーンの選択

イーサリアムブロックチェーン→Ethereum

ポリゴンブロックチェーン→Polygon

Freeze metadataについては、設定しない場合Openseaのサーバーに画像がアップされ、設定した場合は分散型サーバーに画像がアップされます。どのような違いがあるかと言えば、もしOpenseaがつぶれた場合、Openseaにアップされた画像は消えてなくなります。永久的に作品を残したい場合は、設定しておきましよう。ただし、設定にはガス代がかかります。

(注意)設定した場合、永久的に編集や削除ができなくなるので要注意です

ガス代もかかるので、コレクションの進展を見てから判断しても良いと思います。

最後にCreateをクリックすると完了です。
















・作品に値段をつけよう。

※ロイヤリティの設定は補足②を参照









ここからは、販売方法のところでの解説と同じです。













もしComplete listingを押して、次の画面が表示されたらUnlockをクリックして下さい。


その後に「署名」、「Sign」をクリックして完了です。






・NFTの発行手順の解説

上記の手順通りに進んできたら、次の画面が表示されます。















NFTの作品を販売する為には、Openseaのアカウントを初期化する必要があります。アカウントを初期化する為にはガス代が必要になります。これを払う事で作品が販売できるようになります。ガス代を払うのは最初の1回だけです。
















「トークンを追加」を押して、30~60分ほどで処理が完了

ガス代を多く払うと早めに処理されます。


















処理が完了したらNFTの出来上がりです。


関連記事

カテゴリ

ページ上部へ戻る